前へ
次へ

人がなくなってから葬式に至るまでには色々ある

一般的な葬儀の流れとしては、なくなってから納棺を済ませ、翌日通夜、翌々日葬式や火葬を済ませるところが大半です。
しかし、地域や時期、火葬場の混雑状況によってはこの限りではありません。
大まかな流れとしては、医師が死亡診断書を発行し、近親者や本人の学校・職場に知らせることが最優先となります。
その後、喪主を決め、病院で亡くなった場合に遺体の搬送先と葬儀社を決めることになりますが、生前から亡くなった方が葬儀社を決めている場合、葬儀社に連絡をして遺体を運んでもらうことが可能です。
実は生前にどこで何をやるのかを決めておくと、とてもスムーズな流れとなりますが、亡くなった方が特に何も決めていない場合には、遺族が葬儀社を決める必要があるため、遺族それぞれの意向を確認し、納得できるまで話し合いましょう。
納得できるまで話し合ってから葬儀社や遺体の搬送先などを決め、仏教の場合には寺へ連絡して枕経を読んでもらわなければなりませんので、必ず納得できるまで話し合ってください。

Page Top