前へ
次へ

葬式一切の相場はそれぞれ異なる

葬式一切でかかる費用はどれくらいなのかは、葬儀一切の規模や参加人数によって大きく異なります。
主にかかる費用として挙げられているのは、争議のときに使用する祭壇や棺、防腐用のドライアイスや葬儀社への人件費です。
また、それ以外にも斎場を使用する費用、火葬する代金、親族とのお清めで飲食する費用や香典を持参して来た人への返礼品代金などが一般的といえます。
また、寺・神社・キリスト教によって異なりますが、寺の場合はお布施と心づけ、車代など、神社の場合は玉ぐし料などが必要です。
基本的にかかる費用はこれだけですが、祭壇や返礼する品物、お清めの飲食代金、お布施などを相場で渡すか、遺族で相談して行わなければなりません。
全国では平均的に200万円弱が相場といわれていますが、地域によってはそれ以上にかかることも少なくありません。
地域ごとの相場については、事前に地域に詳しい親類や知人・友人に相談することをおすすめします。

Page Top