前へ
次へ

家族葬にはどんな特徴やメリットがあるのか

最近は、広告などで「家族葬」という言葉をよく見かけますが、実際にどんなものなのかや、従来の葬儀と何が違うのか分からないという方も多いでしょう。
家族葬とは、家族や親族などの身内や、ごく親しい友人・知人などに参列者を限定し、小規模に行う葬儀スタイルのことを指します。
従来の葬儀との違いは、参列者の数が少ないということであり、葬儀の流れ自体は同じものだと言えるでしょう。
参列者として呼ぶ範囲については、家族のみの数人程度から、親族や友人・知人も含めた30人程度の場合までさまざまですし、自分の都合に合わせて決めることが出来ます。
家族葬のメリットは、家族などの身内だけでアットホームな式に出来ることや、大規模な葬儀と比べるとゆっくり出来るということだと言えるでしょう。
そして費用についても、参列者が少ない分、従来の大規模な葬儀よりも安くすることが可能です。
ただし注意点としては、葬儀に呼ばれなかった方が、後になって自宅へ弔問に訪れることがあるということが挙げられます。

夏休みに留学をしてみたいと思う中学生におすすめ
夏休みだけでなく、春休みや冬休みでも短期留学はできます。留学に興味がある学生や親御さまがこちらをご覧ください

着手金・成功報酬込みのプランで安心
東京の復縁屋「ミライテラス」なら費用を抑えて解決することができます

Page Top